スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I、アイ、愛 〜 自分の本質に還る旅 ②

2017.03.15 19:30|心・魂・意識

20170315132814710.jpg 


本当に素晴らしいものになった。

出会う人出会う人が、
愛情深く、オープンで。

その人が登場するだけで、
その力強さではっと目覚めたり、
その愛情深さでほろりと涙したり。


ほんと、その人が何をするか以上に、
その存在感でもう、ハートが震えるんだよ。

続きを読む >>

スポンサーサイト

タグ:レッドテント ハワイ Being リトリート 自然

ミラクル多発空間につき要注意w

2013.03.05 20:14|ワークショップ
最近「シンクロニシティー」というものが、
あまりにも多く起きる。
特に、オーラソーマのボトルを使ったワークショップの中では、
本当にその様子がよくよくわかる。

1月に開いた、レッドテントも、
ミラクルの連続。

その様子を、Candle Beachのともちゃんが、
素敵にブログに書いてくれた。

彼女の紡ぎだす文章は、ほっこりとした毛布に包まれて、
素の自分に還って行くようで、大好き。

この文章のままの優しい空気感につつまれた、
レッドテントの空間はスペシャルだ。


以下はCandle Beachのブログより
===============================

昨日初めてのレッドテント/ムーンロッジを開催しました。

(パチパチパチ)

一言で言うと「お見通し」。

うん、お見通しで合っていると思う。

すごいミラクルが連発したワークショップになりました。

今回はこじんまりワークショップだったので、

この人数ならいけるぜ、ということで、

ランチをふるまうことに。

本当はですね、2日前まで、

女性の体温を上げる玄米菜食の和食ランチを

作るつもりだったのですyo。

でもですね、

前日にですね、

「食べて・祈って・恋をして」

というDVDを観ましてね。

What the hellと思いましてね。

イタリアンにしました。

tumblr_inline_mhaeq1kPvJ1rzthx8 (1)

で。

我が家にやってきたのはこれが見事に

タイプの違う美人3名。

家が喜んでました。

(←我が家にはナニカがいるらしく、
うれしいことがあるとパキッってなるんです。笑)

で、いよいよワークショップ。

今後参加したいと検討中の方のために、
今回やったワークショップの流れを簡単に紹介しますと、

1.ピンクのポマンダーを使って香り楽しみながら簡単な瞑想をする。
2.今日はどんなことを知りたい/持って帰りたいかをそれぞれ言葉にする。
3.ボトルを1本選ぶ。
4.そのボトルを眺めてインスピレーションで絵を描く。
5.その絵にタイトルと副題をつける。
(おやつを食べる)
6.シェアする。
7.みさちゃんに、ボトルの解説をしてもらう。

簡単にはこんな感じでした。

0番として、会場設営していた時に、
我が家のカーペットの模様が、ボトルを並べるのに
ピッタリだったというミラクルその1が起こっていたのですけれども。




さて。よりイメージしやすいように、
知りたくないかもしれませんが、私の体験を書きますね。

2.今日はどんなことを知りたい/持って帰りたいかをそれぞれ言葉にする。

について、私は「自分の中にある女性的な部分をみてみたい。」
と話しました。

兄にバカにされたり、女子から嫌われたりするのが面倒くさいので、
「女の子」的な面を隠して生きてきましたが、
30歳を超えていろいろ楽になってきましたので(ホンマ)、
そろそろそのあたり、解放してみようかと思っているところだったのです。

3.ボトルを1本選ぶ。

上がクリアで、下がピンクの
11番のボトルを選びました。

「元気な感じがするボトルだな~」と思いました。


4.そのボトルを眺めてインスピレーションで絵を描く。

なぜか、そのボトルを見た時に、
キャッキャと笑う小さい天使のような、
女の子のような、そんな声が浮かびました。

(なんでこんなことが浮かぶんでしょうね、ほんと不思議です。

私って人間は、
理由もないのに威張る人とか、
無駄ないじわるとか、
「そういうものなんだよ」みたいな返答とか、
不協和音とか、
ふわーっと曖昧なものが苦手で、
疑問が解消されるまで調べに調べるタイプで、
母親から弁護士になれ、と言われたことが何度かあるくらいで。

そんな私にも抵抗なくインスピレーションわくんですよね。。。)

で、その子は2~3歳で、
誰かに抱っこされながら、楽しい環境で、
おかしくておかしくて仕方がないことに笑っているという感じ。

ビジュアル化しようと何となく思い浮かべてみたところ、

ハワイらしき美しい晴れたビーチに虹がかかっていました。
砂浜には家族や犬がいる様子。
安心で、楽しさしかない環境です。
そして、右側に、女の子のキャッキャ笑っている笑顔。
浮かんできた女の子は、なぜか眩しい黄色に光っていました。

で、描き終えた時に改めてボトルを見たら、

おやびっくり。

最初の「元気な感じ」の印象が消えていて、
「もっと奥深いぞ。」と言われている気がしました。

ほんで、時間を気にしながら画用紙をひっくり返して、
今度はボトルを眺めながら、
「じゃあなんなのさ」
と、一番気になったピンクのクレヨンで、
何やら描いていたら、それは蓮の花になりました。

そんで、蓮の花の中に何か光るパワー的なものが
あるような気がして、紫色で、宝石を描いてみました。

5.その絵にタイトルと副題をつける。

タイトルは迷わずに、「Laughter」でした。
なぜか、笑い声、ではなく、Laughter。
もっと柔らかくて、ふわっと眩しい黄色いイメージで。

副題は、流れを受けて生まれる、としました。

6.シェアする。&7.みさちゃんに、ボトルの解説をしてもらう。

OH MY GOD!!!
ちょっと気持ちが悪いことに、ミラクル連発。

私の場合は、2枚絵を描いたのにも意味があったのです。

11番のボトルは、71番のボトルと姉妹のようなものだそうで、
71番のボトルに対応したタロットの絵と、
私の描いた絵は、ほぼ一致していました。

タロットの絵とは、蓮の花の中に、宝石がある絵なのです!!

今調べたら、71番のボトルの名前も「蓮の中の宝石」ですってよ。

チェケラ↓

http://artbeing.com/aura-soma/equi/B071.html

鳥肌が立ち、みんなでキャー!っと言いましたが、
みさちゃんだけは驚かずに微笑んでいました。

私と同様に、自分の描いた絵と、タロットが良く似た人が
いたり、自分の描いた絵を読み解きながら出た
キーワードと、自分の選んだボトルのタイトルが一致したり…

まさに「お見通し」でしょう?

そして、I’m telling the truth!!!うそじゃないよ。

で、
どうやら、今回、私が感じたおかしくておかしくて、
ケラケラケラケラ笑う2~3歳の小さな女の子が、
私の女性性の正体だったようで。

少し凹みました。

だって、もっともてそうなやつがよかったなー(笑)!!!
繊細で、色気があるものが出てくるんじゃないかと、
期待しちゃったもんねー。

プー。

で、宝石くんについては、ここでは真珠を指すらしいのですが、
真珠って、作られ方ご存知ですか?
真珠貝の中に入ってきた異物を、
貝が自分を守るために殻と同じ成分でコーティングしたものなのです。

つまりは、異物が貝の中に入らないと、真珠というのは出来ないのです。

これはみさちゃん曰く、
「痛い思いをして、苦しんで、宝石のような美しさになる。」
ことの象徴だそうで、私が書いた絵に関して、
紫色は癒しの色だから、
私の中にある美しいものを作った痛みや苦しみが、
癒されている過程にあるのではないか、ということだそう。

他にもいろいろありましたが、長くなりすぎたので、
ここまでにいたします。読んでくださってありがとう。
今後のご参考まで。

次回のテーマはまだ決定していないのですが、
このワークショップはシリーズ化して行います。
楽しみにしていてくださいませ。

らぶ。


===============================

次回のレッドテントは、「チャリティおしゃべり会」です。
おしゃべりテーマ:「恋愛」

前回のワークショップのように、
がっつりとボトルとワークするのとは違って、
テーマについてみんなでトーキングスティックを使い、
お話ししていく時間になります。
その分お値段もうんとお得。
勿論ボトルも持って行きますよ♪♪


「チャリティおしゃべり会」
2013年3月23日(土)14:00-17:00
おしゃべりテーマ:「恋愛」

場所:自由が丘よりバス15分
(お申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。)
参加費:1,000円
参加条件:15歳以上の女性
募集人数:5名
その他:温かく、締め付けない格好でお越しください。
お気に入りのひざかけなどがあれば、お持ちください。

詳しくはこちらから
Candle Beach ワークショップページ

タグ:オーラソーマ ワークショップ レッドテント チャリティー 感想 CandleBeach

女性のための「赤さ」を見つめるワークショップ

2013.01.08 12:04|日々のこと・その他



去年コラボワークショップをして大好評だった
Candle Beachさんの新しいコミュニティ、
「レッドテント」がはじまります。

レッドテントは、
ネイティブアメリカンの女性たちが
新月の時や月経中に過ごした
特別な場所「ムーンロッジ」に
インスパイアされてつけられた名前です。

このロッジは「レッドテント」とも呼ばれ、
ムーン・タイムの女性たちは
ムーンロッジの中に入り、
あらゆるネガティブから守られ、
いっさいの心配事から解放されて、
静かにゆっくりと、内に向かう時間をもつのだとか。

2013年レッドテント・ワークショップの
テーマカラーはまさに「赤」。

今年のワークショップでは、毎回テーマを決めて、
オーラソーマのタントリックイルミネーションセット
(レッド、ピンク、マゼンタ、コーラルに関連する18本のボトル)
との対話と、ヨガアーサナ・瞑想を通じ、
あなたの中に眠る「赤さ」を見つめていきます。

赤は、愛の色。血や生命力に関する力、
お金と身体、物質世界を示す色。
第一チャクラの色でもあります。

赤いことって、どれもとても大切な事なのに、
身近な人とでも語ることって以外と少ないですよね。

小さなコミュニティの中で、安心して語り会いましょう。
女性だけの、秘密の隠れ家に遊びに行くような
つもりでいらしてください。
お会いできますことを楽しみにしております。


女性のための「赤さ」を見つめるワークショップ
☆レッドテント @Candle Beach☆
【Vol.1 Love】ありのままの自分を愛するということ。



「愛」をテーマに、あなたの中にある愛、
特に自己愛について探求します。

ありのままの自分を愛するってどういうこと?
自分の最も嫌いな所を愛するってどうやるの??

いいところも、嫌なところも、光も闇も持ち合わせている私たち。
そんなありのままの自分に出逢う、非日常の優しい時間。

頑張りすぎていた余計な力が抜け、
生きるのが前より少し愛おしくなる、
そんな素敵なワークショップです。


【こんな人にオススメ】
☆自分のことより人のことを大事にしてしまう
☆自分との対話の時間が欲しい
☆自分に自信を持ちたい
☆もっと楽に生きていきたい
☆Noと言えるようになりたい
☆自分自身を探求したい


【日時】1月26日(土)13時〜17時
【場所】東京都世田谷区駒沢周辺。
    お申し込みいただいた方に個別にご連絡差し上げます。
【金額】5000円
【定員】5名様 女性限定
【持ち物】筆記用具。しめつけない服装(簡単なストレッチを行いますので、
     パンツスタイルがおすすめ。温かい服装でお越しください。)
【申し込み】info@candlebeach.netまで。
      お名前と当日のご連絡先、このワークショップを知ったきっかけをお知らせください。
           
<ガイド>
ヨガ:藤崎朋子(IHTA認定ヨガインストラクター)
オーラソーマ:河野美沙(レベル3プラクティショナー)


<オーラソーマとは?>
色とハーブとクリスタルのエネルギーが錬金術的に
統合されているイクイリブリアムボトルとの対話を通じ、
あなたの才能や使命、チャレンジ、未来を明らかにしていく、
自分で選ぶ、無理強いしない魂のセラピーです。
イクイリブリアムボトルの中には宇宙の叡智が閉じ込められており、
そこからあなたに届く様々なヴィジョンを紐解いていきます。

タグ:オーラソーマ ヨガ ワークショップ CandleBeach レッドテント

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"