スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い桜咲き乱れ

2010.12.17 20:17|スポーツ・アウトドア
ハワイでのトレッキング以降、
すっかり山にはまってしまった私たち夫婦。

東京近郊で何カ所か登ったんだけど、
なにせ人工林が多くて、どうもぱっとしなかった。

鳥の鳴き声すらしない道を歩きながら、
ハワイは命にあふれていたな~、と、
少しがっかりしてしまうことの方が多い。
(その山の状態を作っているのは、私たちなんだけどね。
 本当に、山と杉に申し訳ないよ。。。ごめんなさい。)


しかし!!


ついに、ちょっといいじゃ~~ん♪♪という山を見つけました!


▼箱根の神山
101216_1018~02


富士山を背に、大涌谷の噴煙地を下に眺めながら、
ごつごつ岩が転がる道を歩いて行きます。

煙がもくもくあがる山を登っていると、
ハワイ島と似たエネルギーが体に充填されていく感じ。

今まで登った山と比べて植物自体はこっちのが少ないんだけど、
よっぽど自然を感じることが出来るよ。

しばらく歩いて行くと、ある地点から急に
木々にびっしりと霜がついています。

どこぞのイルミネーションのトンネルみたいで、
めちゃくちゃ綺麗!

▼いち早くクリスマス気分♪



氷点下で寒いけど、冬の山もいいな~。


▼まるで白い桜が咲き乱れた吉野山のよう。美しい。。。




頂上にタッチしてから、風があまりふかないスポットを探して
お弁当を広げます。


しかし、、、、


さ、、、、さむい、、、、。

▼倒れた水筒を立て直す余裕さえない私。。。



お弁当はいつものように、お気に入りの
野田琺瑯のタッパーにつめて来たのですが、、、
間違えました。

まるで冷蔵庫から取り出したばかりのご飯のように
冷えきっています。

そういえば、琺瑯タッパーが保存力が高いのは、
すぐに冷え、冷蔵庫の中にいれておくと、タッパーの
中がキンキンになって鮮度を保つからと読んだ事がある。。。

野田琺瑯+保存食=最高!!(^▽^)v
野田琺瑯+冬の山=最悪・・・(T△T)

冷気がみるみるタッパーを冷やし、
痛くてとても素手で持っていられません。

食べれば食べるほど、体の中から外からと冷えて行きます。
デザートのみかんを見た時には、
「誰が食えるか~!」と持って来た自分自身に
マジつっこみをしてしまいました。

次回は動きながら食べられるおにぎりにしようと
心に決めて山を下り、強羅温泉であったまって帰るのでした。

次はどんな山に登ろうかな~~♪♪

オススメの山あったら、是非お知らせくださいませ☆

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア
ジャンル:スポーツ

タグ:自然 トレッキング 温泉

カウアイ島でのキャンプの仕方

2010.09.08 10:27|場所・国・旅
今回のハワイ旅行の相棒は、
旦那さんの強い要望によるスノーピークランドブリーズ4

2人用には贅沢な広さですが、ホテル代わりに連泊すること、
アウトドアの楽しさはありつつも快適性を大切にする私たちには
いいチョイスだったと思います。



テントの他にはランタン、コッフェル、バーナー、食器、
テントマットを持って行きました。
(イスカのコンフィットマットレス165はすごく快適ですぞ!)
シュラフは夏のハワイには必要ないでしょう。
ただ、山の上は冷え込むので必須です。
コケエのYWCAはブランケットを貸してくれた)

ビーチのキャンプサイトはたいてい火をおこせる台があるので、
かなり幅広い料理が気軽に出来ます。




ハワイまでキャンプ用品を持って行くのがめんどくさ~い、という方は、
現地で安いのを購入もありですぞ。

購入はカウアイ島ならリフエにあるK-Mart, Costoco, Walmart etc.. 
安いです。

あとは、thrift shopと呼ばれるリサイクルショップがハワイ各所にあるので、
もしかしたらそこに何かあるかもしれません。食器や鍋なら大体おいてある。
現地購入したものを日本までもって帰れない、という方も、
thrift shopに寄付できるから、無駄にゴミを出さずにすむのでオススメです。
(日曜は大体のthrift shop は休み)

あとはキャンプ用品のレンタルもあるみたい。

ハナレイのレンタル屋さん
Kayak Kaua'i
 
同じくハナレイ。こっちのが安い。
Pedal n Paddle


しかし、道具も大事だけど、何よりキャンプサイトがいいかどうかですよ。
カウアイ島のキャンプサイトは郡が管理してるもので7カ所。
リフエの管理局か各所にある出張所で予約(1人3$)をする必要がある。
んが、予約せずテントはって、翌朝5時くらいにやってくるレンジャーに
お金(この場合は1人5$)を払う方が、ぶっちゃけ楽。。。

詳しいサイトはこちら
County of Kaua'i

北の端のハエナビーチパークは、カララウトレイルに行くのに便利。

▼ハエナビーチ



翌朝のカララウトレイルにむけてハエナビーチに泊まる予定だったが、
ビーチの後ろにある有名な洞窟とそびえ立つ岩山のエネルギーが強すぎて、
私たちは若干めまいが。。。

結局、直前に下見に行っていた柔らかいオーラに包まれたアニニビーチに
引き返してそこに2泊しました。


▼アニニビーチに降りる虹



アニニは波が穏やか、風も強くないし、大きな葉っぱの木がたくさんあるので、
日差しも暑くないし、雨が降ってもほとんど濡れずにすみます。
なんて理想的。

アニニが最初のキャンプサイトだった私たちにとって、
ここがハワイキャンプサイトのスタンダードになってしまったのだが、
島の南側に移って大きな間違いだったと気づく。。。

島の南側は雨が少ない地域のため、赤土埃が舞う、
緑深い北とはまったく別世界。
そこのキャンプサイト、ソルトポンドパークは木も少ないし、
あったとしても葉っぱが茂っておらず、かなり暑い。

これは無理だと、南側の端、ルーシーライトパークに変更。
んが、なんとハイウェイ側で車の音がうるさいし、
浮浪者のたまり場になっていて、絶対泊まりたくない。

アニニショック。。。

そんなわけで、せっかく許可書を取ったお金も労力も投げ捨て、
とっととワイメア渓谷、コケエを目指して山に逃げ込む私たち。

コケエのキャンプサイトは、郡ではなく州が管理しており、
これまたリフエかネットでしか許可が取れない。
急に山にあがることになった私たちは、当日現地でお金を払える
YWCAをイエローページでみつけて、そこにお世話になりました。

後で聞いた話によると、事情を知らずにコケエにあがって来た人たちは、
予約も取らないまま勝手にテントを張っているとか。
しかもレンジャーが見回りに来ない、、、とか。。。

苦労してYWCAを探し出したのに、、、とも思ったけど、
コケエよりYWCAのが居心地よさそうだし、結果オーライなのだ♪♪



テーマ:ハワイ
ジャンル:旅行

タグ: ハワイ 自然

昼間っからビール

2010.09.06 09:14|場所・国・旅
太平洋のグランドキャニオンと言われる
カウアイ島のワイメア渓谷。



ここにはコケエロッジという有名なキャンプサイトがあるのだけど、
予約をリフエという町でしないといけないので、かなり面倒くさい。
(最近はネットも可)

そこで見つけたのはコケエロッジ側のYWCAのキャンプサイト。
1名10ドルでビーチよりちょっと高いけど、
シーズンも終わりに近づいているらしく、お客もほとんどおらず、
広大な敷地を独り占め。

海もいいけど、山もいいね~~~~。



究極の贅沢、昼ビール☆☆



夜はたき火を見ながら思いに耽る。




空には満点の星に天の川。
本当はいつもこの星達が頭上にいるんだよね。


YWCAは管理人Marchによって、大事にされているのが
よく伝わる、居心地のいいところでおすすめ。
キャンプ以外にロッジや相部屋なんかもあるよ。
▼Camp sloggett

テーマ:ハワイ
ジャンル:旅行

タグ:自然 ハワイ おすすめ

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"