スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の祝典!踊ろう、歌おう、愛し合おう③

2013.03.15 15:55|平和・国際協力


みんなの祈りが桜に花を咲かせます。



Nさんによる絵本のよみきかせ。
今回のイベントは準備から当日の進行まで、
Nさんなしには出来なかったです。
心から感謝。

DSC_07231

「命」を象徴する「赤」をベースにした
オーラソーマのボトル達を囲んで、ミニワークショップ開始。




この日のボトルとのワークは、本当に美しかったです。


みんなの中の愛の深さ。魂の結びつき。。。

とても短いワークだったけど、
いつも以上に、ハートフルな内容で、
私も感動をいっぱいいただきました。



次第に場もほころび、
演奏を始める人、語り合う人、瞑想する人など、
みな思い思いの時間を過ごしていきます。


部屋のあちらで瞑想中に浮かんで来た曲を、
部屋のこちらで演奏しだすというシンクロもあったり。


別々のことをしているようだけど、
ちゃぁんと繋がっているんです。


Sちゃんも、仙台で踊っている時に、
このイベントに参加してくれた人たちからの
エネルギーを感じたと言っていました。


あの場には、きっと、たくさんの見えない存在達も
遊びに来てくれてたのでは、と想います。





サックスの演奏。

このあと、お琴も混じって、みんなで即興コラボレーション☆


輪になって手をつないで、歌って踊って。。。


子どもとふざけあいして、一番はしゃいじゃった〜〜〜(*^▽^*)






最後まで共にいてくれてありがとうございます♪♪


翌日は会場近くの滝へ。
頑張ってくれたボトルちゃん達を浄化。




滝に祝福の虹♪♪


今回のイベントで集まった、心のこもった募金38000円は、
「未来へ向かう子供たちを応援する」をコンセプトに、
仙台サンプラザホールにて開催された
Smile for Japan Festival 2013への
AUSの出演費にあてさせて頂きました。

本当にありがとうございました。

※被災地以外からの参加者の出演費が、
被災地の子ども達の出演費にも使われております。


AUSが出演した様子はこちら


今回のイベントのお陰で、私自身、
自分がやりたいことと課題がより明確になりました。

今度は、8月6日に、命の祝典を行いたいと思っています。
どういう形にするかは未定ですが、
今回の経験を活かして、より精進し、
更にみんなが楽しく祝えるものにしたいと思います♪♪


本当にどうもありがとうございました☆☆


スポンサーサイト

タグ:イベント 広島 祈り

命の祝典!踊ろう、歌おう、愛し合おう②

2013.03.15 15:10|平和・国際協力
当日はどんな場になるかな〜とイメージをしながら、
必要そうなものを準備する。

イベント前日に、ふとお花と折り鶴が浮かんだ。

お花、、、欲しい、、、

でも、私が用意しなくても良い気がする。

そう思って、そっとしておいた。


そしたらなんと当日、
ちゃぁんと桜の木が用意された。

しかも、ちょっとすごい池坊の先生の手によって。

しかもしかも、まだつぼみのその桜の木に、
折り鶴でみんなの祈りを咲かせようと言う、
なんともいきな計らい付き。

お花と折り鶴、両方が一つの形になった。


ケニアのMちゃんがシェアしてくれる歌は
「さくらさくら」だという。


いつも神様は、私を裏切って、
想像以上の素敵なものを用意してくれる。

そうなの。
私はこういうのを見るのが大好きなんだ。


Sちゃんが10日のSmile For Japan Festival@仙台での踊りを終え、
11日に被災地の各所で祈りの踊りを奉納し終わったのが、
ちょうど17時ころ。

そのエネルギーを引き継いで、呉ポートピアの会場が17時にオープン。

日本、アジア、アフリカ、西洋と様々な国籍、
老若男女の皆様、30名弱の方が集まってくださった。



ここでトラブル発生。


音響がなぜかうまく動かず、BGMのない、シーンとした時間。
会場にビミョ〜〜な空気が流れてしまう。


かちこちの雰囲気にすっかりてんぱってしまった私は
アイスブレークも思い浮かばず、いきなり本題に突入。


慣れない大人数、
そして様々な価値観、年代、バックグラウンド。
こういう場面をまわしたことはないとはいえ、
あぁ、もう少しでも上手にできたらよかったなと反省。


場があったまるまでの時間、
みなさん本当によく付合ってくださいました。

ご迷惑おかけしてすみません。

ここは反省とともに、
ファシリテーション能力きたえて出直します。(><)


そんな雰囲気の中にも関わらず、
祈りを捧げてくれたMさんをはじめ、
場を創り続けてくれた皆様に感謝。




キャンドルをみて、自分の命、
亡くなられた方々の命を想います。




自分の命をキャンドルに込めて、
祭壇に捧げます。







広島のホープ、M君の演奏は素晴らしい。
場を一気に聖域へと変えてくれます。


ケニアのMちゃんによる「Amazing Grace」は、
みんなの祈りを天へと送ってくれました。


つづく

タグ:イベント 広島 祈り

命の祝典!踊ろう、歌おう、愛し合おう①

2013.03.15 14:23|平和・国際協力
3月11日。
私たち皆にとって、大切なこの日に、広島で何かしたい。

その願いを、吉祥寺のシャルメで話したのは、
たった1週間程前のこと。


漠然と「何かできたらいいなぁ」ということだけがあったので、
具体的に動かずにいたのだけど、私のそのぼんやりとしたイメージの中に、
シャルメのSちゃんが、ピンと何かを見いだした。

「うん、わかった!
 呉に良い場所があるけん。そこで何かしよう」

そう言ってその日はわかれた。


次の日には、

「お母さんが場所押さえてくれたけん。
 篳篥奏者のMくんと、助産婦のHさんも何かしてくれるって」

とのこと。



聞けばその会場、50名くらいは入れるというではないですか。

え?え??

私は、オーラソーマのコンサルテーションとか
5、6名くらいのワークショップしか思いついてなかったので、


「一体これは何が起きているんだ〜〜〜!」


という一瞬の混乱と、


「おぉ!何か始まるぞっっっ。」


という、大きなワクワク感に興奮っ。




改めて、私の中のやりたい「何か」にフォーカスを当てる。


うん。


まずは祈りたい。


皆で命にフォーカスを当てて、
生きている事をお祝いしたい。


そして、皆の才能が持ち寄られた時に生まれる世界が見てみたい。


広島で会場の手配から告知まで動いてくれているNさんに聞くと、
当日の参加者は歌や踊りが好きな人が多くなるだろうとのこと。


素晴らしい♪♪


それじゃぁ、その方向で行きましょう〜と、タイトルも決定☆


Sちゃんが出演する、
3月10日に仙台で行われるSmile For Japan Festivalとも
エネルギー的に繋がる確信があった。


こういうのは、多くの人の気持ちが向いているほどいい。


2年前の3月11日に、東京で被災して、
本当に精神的に追い込まれた時、

世界中の人が祈ってくれたことが
私にとって本当に救いになったのを思い出した。


単なる観念ではなく、

実際にエネルギーとして届いているのを体感したあの日、

「祈り」の力を思い知った。



だから、当日会場に来れなくても、
是非たくさんの人に参加して欲しい。


Facebookで募った所、沢山の人が、
当日想いを届けると声を上げてくれた。


祈るという人、キャンドルを灯すという人、
歌で、絵で届けるという人。。。


なんて嬉しい応援団。


こんなに素敵な仲間に支えられていることに
胸が熱くなった。


みんな、本当にありがとう。


みんなの応援を胸に、当日がやってきた。


その中の一人、舞海ちゃんの絵。癒されます。。。



タグ:イベント 広島 祈り

儚くも強い女の子

2012.12.10 20:22|オーラソーマ
男性性との対話を一度終え、

次は内なる女性性と出会う。



私の中の女の子は、この子。

「風の中のキャンドル」



風の中で今にも消え入りそうな、小さな灯火。
だけど、どんな風に吹かれようとも決して消えない強い光。


このWSに来る前から気になっていた
B80アルテミス(戦いの女神)ではなく、
色が上下逆さになっているこのボトルを選んだ時、
なんだか妙に納得いった。


でかくて派手な私だから、
ついつい内面もそうだと自分自身誤解しがちだったりする。


実はすごい、儚さとかモロさを持っているんだよね〜。



ピンクに守られた赤さ。

無条件の愛、柔らかく優しい愛に包まれる、小さな灯火。



あぁ、私って、なんて女の子なんだろう。。。

その事を、もっともっと、大事にしたいなぁ。



オーラソーマのコンサルテーションが楽しすぎて、
ついつい一杯予約入れたり、街にしょっちゅう出たり。

それこそ、エッフェル塔君が、どっかーんとお祭りしたがるの。
旅も大好きだし。イベントもりだくさん。


でも、そのことが、私の女の子を疲れさせる。


もっと守られていたい。

もっと内なる光と共にいたい。


私の中で、男性性は私をひたすら駆り立てる存在で、

女性性は男と世界を拒絶し反発して内にこもる存在で、

2人の歯車は中々かみあわず、
どちらかがどちらかを支配していた。



タントラのワークショップを通じ、

男性性の無邪気さを知り、

女性性の繊細さを知り、

少しずつその関係性が変わりつつあった。




「風の中のキャンドル」と対話を通じ、描いた絵はこちら。



生まれたタイトルに、正直ひるんだ。


「ピカドン」





女性性に繋がる左手が、動きたいように動くままにさせて、
色を重ねていくうちに、自然と生まれて来た絵。

そこには、私の女性性の(左側の)樹の幹から
原爆の鮮烈な光が出て来てしまった。


そして、空の上で、人々が重なり合う。


そのイメージはまるで、
空の上で交わる男女の神々のような甘美さと神聖さもあり、
ピカソのゲルニカのような、苦しみの業火に焼かれる姿でもあり、
猫や子どもが甘えて重なり合っている微笑ましい様子でもあり。。。



それら全てが一体となり、

その彼らから流された7色の涙がやがて海となり、

そこから真ん中に、最初の樹よりも太い樹が生まれていく。





タイトルに続いて出て来た言葉。

「私の側でお泣きなさい。
 
 その涙は泉となりガイアを創る。」





これが、私の赤さだった。

はかない灯火の正体は、地球規模だった。



それを受け入れた時、涙が出てしょうがなかった。


アメリカ人と日本人のDNAを、
ヒロシマという場所で授かった。


個別には愛でいっぱいの両親なのに、

なぜだか傷つけ合い、憎しみあい、

別れる事しか出来なかった。



私の中は、

その争いで流された血の涙でいっぱいだ。



私の中に、ヒロシマがある。

私の中の男と女、
西洋と東洋、
右脳と左脳は、


もうずっと戦争をしているのだ。



だけど、私はその経験を、

そのギフトを使って、

世界に貢献していく。


人々のあらゆる涙を、命の源に変容し、
ひとつの生命体である、ガイアを創るために。



でかいねぇ。

でかすぎて圧倒されるわ!!(苦笑)



だけど、魂が望んでいることなんだよね。


この私の身体をフルに使って。
DNAをフルに使って。
才能をフルに使って。


そうやって生きていく事を、

魂が望んで望んでしょうがない。


だから、オーラソーマティーチャーという存在が、
私の中で何度も呼びかけてくるのだ。


出来る事なら、避けて通りたい道。


自分の過去の痛みとも向き合い、
今の世界の痛みとも向き合い、
人から様々な評価判断も受けながら、
前に立っていく、険しい道のり。


そこの険しさを、直観的に知っているからこそ、
オーラソーマには触れたくなかったんじゃないかな。

だから、プラクティショナーになることにも
すごい抵抗していたんじゃないかな。


だけど、自分の内なるcallingが止まらず、
その道に入った。

そして今は、ティーチャーへの道へと、
魂が私を突き動かしていく。



「あなたティーチャーになるって決めてるんでしょ。
 さぁ、いくよ!!」


アマリンの強くて厳しい、愛いっぱいのエールが胸に響いた。

タグ:オーラソーマ 女性性 広島

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"