スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまてらすへの道  6

2012.06.12 18:01|オーラソーマ
レベル2では、参加者の申込み順で、
色の考察発表の担当が決まる。

私は見事、バースデーボトルB26の色、
オレンジ担当に。(できすぎですかりゃ~w)

なわけで、レベル2開催前から、私の頭の中は、
オレンジでいっぱい。
それもあって、コンサルテーションをやることを決意したら、
この26という数字を使いたくなった。


「26人?それとも2600円かなぁ、、、」

どっちかなーと思っていたら、まぁちゃんの一言。

「2600円で26人、全然いけるでしょ~!」


わ~お☆


誰かと物事をすすめるのって、自分の枠組みを越えられるから、
本当に素敵なことだな~と、しみじみ感じた瞬間☆☆

これは、私が1人でやっているのではなく、
皆で一緒に創って行くプロジェクトみたい。


「プロジェクト26だな。」


「何か」に名前がついた瞬間である。

詳しくは前のブログを見てもらうとして、
それでもまだまだこのプロジェクトの全容はつかめていない。
このプロジェクトが何者であるかは、次第に輪郭が描かれて、
わかるようになるんだろうね。
また進展があったら、是非シェアさせてね。


とにかく、まぁちゃんの人徳と、何かわからないエネルギーの
サポートによって、予約はドンドン埋まって行った。

なぜかわからないけど、予約を受け付けたくない日程とかあった。

そういう時は、しばらくそのままにしておいて、
ある日の朝「よし、やっぱりその日も受け付けよう!」と思ったら、
そのお昼にばったり道で出くわした知り合いの団体さんが、
その予約をあっという間に埋める、みたいな。

まるで、もう受けるべき人が決まっているような、そんな感じだった。

最後のクライアントさんは、なんとバースボトルがB26という、
誰かに仕組まれたとしか思えないような、鮮やかなフィニッシュ(笑)


なんでこんなことが起きたんだろう。

きっと、天の意志のブループリントに、
私が観念したからかな(苦笑)

ブループリントの中で、生かされる、個人の私。
ブループリントの中で、自分だけの星を輝かし、
世界に奉仕するということを決めたから。

だから、神様が、宇宙が、沢山のギフトを用意してくれる。


そんなに得意でもない集客や、苦手なスケジュールマネジメントを、
一手に引き受けてくれる人がいる。

行ったカフェで、コンサルテーションにぴったりの
白いチュニックが置いてある。
平和台で買ったスカートも白。完璧☆)

イラストレーターが出て来て、素敵な絵と名刺を作ってくれる。

コンサルテーション出来る素敵な場所まである。
(平和台カフェの後は、まぁちゃんのコーチング用の
 セッションルームを借りました。
 彼女の愛と優しさに満ちた素敵なとこだった~♪)


全て、用意されていて、私は何も心配する必要はない。
私には、私にだけしか出来ない事に、集中すればいい。

そんなことを、あの手この手を使って、
神様が教えてくれた気がした。


その神聖な光に照らされて、
私は自分の天岩戸を開く事にしたんだ。

そっから出て来たのはね、、、


すんご~~~~~~~~~~~~~~~く大きな自分。


情熱的で、アツくて、愛がいっぱいで、、、。

声もすごく大きくなる。
いつも、このボリュームの大きさが嫌で、
喉で調節していたんだね。


この時の自分の声、すごい綺麗だったな。




人の中には、なんて大きな光があるんだろう。

そうなんだよね。
コーチングをやっていたときから思っていたけど、
人は、実は自分の大きさにおびえているんだ。

自分がどれだけパワフルであるか。
自分がどれだけ愛で満ちているか。
怖がっているのは、自分自身の大きさなんだよね。



「オレンジの人は、暑苦しいの(笑)
 万人受けは諦めな。」

ティーチャーのゆみこさんに、ずばりと言われた。

「みさちゃんの大きさが嫌な人には去ってもらえばいい。
 そのかわりすごいファンがつくよ。
 自分の大きさで、いじめられたり、痛みを負った時代は、もうオシマイ。」


そうなんです。。。

私、小学中学の時、人が好きすぎて、パワーがありすぎて、
でも表現の仕方がわからなくて、
好きな子にほど暴力的になって嫌われたり、
暑苦しくてうざがられたり、集団無視にあったり、
悲しい思い出がありすぎるのだ。

だからいつからか周りを気にして、
どう表現するか、自分をいつも監視していたね。



「私とオーラソーマ」というテーマでプレゼンをする日、
一緒にコースを受けてる皆にリクエストした。


「私、今日は自分を制限しないビッグチャレンジするけん、よろしく!」


有言実行、大きな声で、マイワールドまっしぐら(笑)


天岩戸が開いた瞬間だった。


みんなの反応が面白かった。


決して上手でもなく、綺麗でもなく、
発表時間は倍もオーバーし、
プレゼンテーションとしては「失敗」だった。


だけど、みんな、何か揺さぶられるものがあったみたい。


光の放出が、相手の光を刺激する。


まずはそこから始めるしかないわ。
相手へのインパクトとか、わかりやすさとかは、
徐々にうまくなっていくさ~ね。

うまくならなかったら、、、うまくなる必要がないんでしょ!(笑)
不器用で真っすぐな、ドデカイ太陽として歩んでいこう。

優しい緑の葉っぱで、木陰を作ってくれる人がいる。
乾いた喉を潤す、水を持って来てくれる人がいる。
太陽に疲れたら、そういう人がええ塩梅にやってくれるさぁね(笑)


人が、自分だけの星を輝かす時、
他の人の星も必要になってくる。
そこがまたいいところ。大好きなところ。


みんなみんな、ただ、自分の色になりきればいいんだ。




深層意識が、歌になって出てくる時がよくある。
口ずさんでいたら、その時の状況にぴったりな歌詞だった、とかね。

オーラソーマコースが終わる頃に浮かんでいた歌は、
欧陽菲菲のlove is overだった。

なんでかなーと思っていたら、コースの打ち上げのカフェに
どーんと文字が掲げてあった。


「War is OVER」


そう、戦争は終わったのだ。


スポンサーサイト

タグ:オーラソーマ 宮崎 強さ 願い

大噴火

2012.01.20 21:34|心・魂・意識
ここ1ヶ月ほど、近い将来、
日本でマグマが噴火するようなエネルギーを感じておびえていた。

大地を揺り動かし、立ちあらわれる巨大な何かを感じて、
武者震いと恐れの震えを幾度も味わった。

もし、それでまた放射能が飛び散ったらどうなるのだろう。

悲観的になるつもりはないのだけど、ナウシカのように、
腐海とともに、体を蝕まれながらも、
この土地で生きて行くしか術がない時代が来るのかもしれない。

多くの人が病気や飢えで死んで行くしかない時が来るのかもしれない。

そんなイメージは、私の単なる不安が生み出した妄想だと、
出来るだけ見ないようにして来た。


今日、おじいちゃんの遺影に手を合わせていたら、涙が出て来た。

この人は、そういう時代を生き抜いた人なんだ。

ここまで命を繋いで来た人々は、
戦争、飢え、大震災、病い、口減らしを経験し、

それでもなお、

大陸を渡り、開拓し、畑を作り、命をつなぎ、

生きて来た。


ありえない人たちだ。
逞しすぎる。



人間は強い。


命は強い。


私にもその力が、本当はあるはずなんだ。
それを私が忘れてしまっているだけなんだ。

あまりにも文明の中で、生命力を別の所に注いでしまい、
みんなその力を忘れているだけなんだ。


大地からわき上がってくるのマグマは、命なんだ。

私たちの生命力が、爆発しようとしているのかもしれない。


何が起こるかわからない。
何も起きないのかもしれない。

だけど、私の中は、確実に変化し始めている。

そして、あらためて思うのだ。


ここまで、命をつないでくれた人々に、
心からの感謝と敬意を胸に、

私は、今、この世界のあらゆる事象を生み出している当事者の1人であり、
そして、この大変な時代を、自らの意志で選んで生きているということを。


自分で創った世界じゃない。
好きで選んだシチュエーションじゃない。
本当はここにいたくない。

そう思い込む事で、どれだけ多くの事から目をそらしてきたか。

そう思い込む事で、どれだけ自分の生命力の行き場を閉じていたか。

たくさんの、死ぬ気で生きて来た命の思いをないがしろにしてきたか。


ここに生まれ、生きているということが、どれだけ奇跡のようなことか。


それを知る毎日を送っている今日この頃です。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

タグ:ご先祖様 強さ いのち 感謝

弱い人間の強い生き方

2010.10.30 22:35|平和・国際協力
ひょんなご縁で、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムにいってきた。

世界の環境破壊や物質的精神的貧困が、
どういうシステムの中で生まれているのか。

それは、現代社会のもっている「幻想」(ドリーム)の中で、
集団催眠的に生きているひとりひとりが生み出している、というのが
このシンポジウムを通して明確に見えてくる。

「現代社会の夢の中にいる人たちを目覚めさせ、新しい夢を創る」

というのがこのシンポジウムの狙い。

個人的には、現代社会が創りだした夢がどんなものか、仕組みがどんなものか、
わりとよく見て、知っている方だし、覚悟を持って取り組んでいることだから、
現代の破壊的システムや、それによって創られている現状に対する
インパクトはそこまでなかった。

私にとって大きかったインパクトは、人々の意識が変わりつつある、
そして、その人たちの行動の大きさ、強さ、希望の光、の方。

アマゾンの家を守りたいと、1人の少年が、ブルドーザーの前に
立ちはだかっている、ほんの数秒の映像。

それまで散々破壊的な映像や死に行く動植物たちの映像を見ても、
「ごめんなさい」という思いこそあるものの、泣いたり苦しんだりはなかった。

でも、この少年を見たとき、涙があふれてとまらなかった。

ひき殺されるかもしれない。
もしも今日とめれても、結局明日も来るかもしれない。

そんなことをものともせず、
少年は、ただ1人、ブルドーザーの前に歩いて行く。

なんてことだ。

これが人の持っている強さ。
私に同じ事ができるかどうかは知らない。
でも、私の中に、同じ強さがあることを、私は、本当は知っている。

そして、きっと、みんなの中に。

この世界の現状に対して、みんな心を痛めている。
その痛みを感じないように、その感情を抑圧し続けるように、
ものすごいエネルギーを投じている。
もし、そのエネルギーを、別の事に使えたらどうなるだろう。
そんなフレーズも、映像の中で言われていた。

何かが起きたことによる、痛みと共に在る力には、自信がある。
まだ根付いていなのは、これから起こることに対する恐怖と
共に在る力、だろうか。

死ぬのは怖い。
打ち負かされるのは怖い。
今まで自分が依って立っていた枠組みをぶち壊されるのは怖い。

怖い、と共にある力を、すでに持っているということを、
私は知っている。
あの、ブルドーザーの少年のように。


▼一度はシンポジウムに参加する事をおすすめします。




▼ブルドーザーの少年の映像が見つからなかったので、かわりにこちら。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル:政治・経済

タグ:映像 平和 おすすめ 強さ

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"