スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島を忘れない

2012.10.21 20:50|平和・国際協力
映画「内部被ばくを生き抜く」を見てきました。



鑑賞後、映画の中にもでていらっしゃる佐々木るりさんの
お話会があったのだけど、これがとてもとても良かったです。


大変な状況にちゃんと開かれていて、痛みを隠さない。
人を責めない、派手なことは言わない、
でも人を揺り動かしていく。

クリスタルのような…
何度も何度も涙で洗われてきたからだろうか、
そうした中から出てくる、クリアなエネルギーを持った、
本当に美しい人でした。


話を聞き出して気付いたのは、
私は初めて直接福島の方の声を聴いたこと。

ネットや映画や本で情報は集めて来たし、
福島や東北にボランティアで言って来た人の話は聴いてたけど、
福島に住み続け、そこで生きて頑張ってらっしゃる方には、
今までで怖くて、会って来なかったことに気づきました。

正しくいうと、ちゃんとそのことは知っていました。
でも、その恐れや、会わない事への罪悪感に蓋をして、
気付かないフリをしていました。

facebookシェアでこのお話会を知り、
佐々木さんの写真を見た時に、行こうと思えたのは、
佐々木さんのニュートラルな雰囲気が、
ちゃんと伝わって来たからなんだろうな。。。


もし、お話をされる福島の方が、
誰かをひどく責める感じだったり、
”犠牲者”になって苦しみを訴える感じだったりしたら、
私は、そのお話に、こんなに心をひらけなかったと思います。



質疑応答の時間があったのですが、
何をどう言ったらいいかわからず、黙っていました。

何を言っても、どこかうそっぽくなるような気がしたり、
ひょんな一言が相手を傷つけてしまうかもしれない恐れだったり、、

何よりも、ちゃんと彼女を見たら、
絶対に涙のダムが決壊することがわかっていたから、、、
困らせるのも悪いし、もし同情の涙と受け取られたら、
「かわいそう」のレッテルを貼ってしまう可能性があるのが嫌だった。


だから、お話会の後、そのまま帰ってしまおうかと思ったのだけど、
どうしても、佐々木さんと面と向かいたくて、
勇気を出して、挨拶に行きました。



眼と眼があった時、、、
どう思われるかとか、そんな心配は吹き飛びました。


ただただ、2人で泣きました。


突然こんな風にされたら、嫌じゃないかな、
と一瞬思ったけど、

私の身体はその心配を軽々と飛び越え、
佐々木さんに手を伸ばし、

しばらく、抱き合って
一緒に泣きました。



もしかしたら、私が一番彼女と分かち合いたかったのは
「共に在る」ということだったのかもしれません。


あなたの痛みは、私の痛みです。

私の痛みは、あなたの痛みです。

私は、そこに、開かれています。

私は、あなたと、共にいます。


そんな感覚だったのかもしれません。



「私も、私の持ち場で頑張ります」と
お伝えしました。

何か、佐々木さんと、その向こうに広がる世界と、
コアの部分で繋がれたから、
そこを忘れず、そこを握っていれば、
行動としては、何をしていてもいいんだと。

佐々木さんも同感してくださって、だからこそ、
「原発をなくしましょう」ではなくて、
「福島を忘れないでください」と、
講演会で呼びかけているのだろうと思います。


お話会の帰り道、ガイアシンフォニーの第5番の中で、
宇宙飛行士のシュワイカートさんの奥さん、ナンシーさんが
広島の折り鶴の少女、サダコを思いながら言った言葉を思い出しました。


「原爆で亡くなった人の数の多さを想うより、
 たったひとりの少女の心の軌跡を想う方が、
 全ての生命(いのち)を想うことに繋がると私は思います」


佐々木さんは、私にって、まさに、
このたったひとりの少女だったようです。
(奇しくもサダコさんと同じ名字ですね)


福島や、原発の事が、大きすぎて考えるのが難しいというかたは、
誰か1人、大切な人と繋がれたらいいですね。



佐々木ご夫妻の立ち上げたNPO TEAM二本松「市民放射能測定室」では
『自分で考えて!自分で勉強して!自分で測って!自分で自分を守る!』ために、
飲食物の放射能測定、幼児の定期的一時疎開の促進、除染活動をされています。

放射能数値の見える化が、考える力、生きる力、
自己信頼を取り戻します。
応援しています。



悲惨さではなく、そこに生きる人たちの強さが胸をうちます。
人間の強さ、愛情深さを教えてくれて、ありがとう。


スポンサーサイト

タグ:放射能 映画 おすすめ 感動

ドロドロ。

2011.06.23 10:51|心・魂・意識
ここしばらく、体調も心の状態もすぐれなかった。

自分がすごく凹んでた時の思考パターンと同じパターンに陥ったりして、
恐怖を覚えた。
どこまでもどこまでも落ちていったあの頃を知っているから、
少しでもそのパターンにはまりだすと、やっぱり怖いよね。

心の中を見て欲しくなくて、がちがちの壁を作ったのは久しぶり。
防護服くらいは普段から着ているけど(笑)

あの頃、泥沼にはまってドロドロになっていた自分は、
もしかしたら、未だにそこにはまっているのかもしれない。
自分の他の側面が活躍していて忘れていただけで、
もしかしたら、泥沼の中に、私は未だに棲んでいるのではないだろうか。

西洋占星術で、6月は夏至に向かうエネルギーでひずみがおきやすく、
人々は自分のトラウマやトラウマを抱えていた頃の自分と向き合わざるを
得ない状況が出来やすいと、昨日聞いた。

私の周りでも、昔の自分と対峙した人がいたので、納得だった。
星廻りだったわけね。
まぁ、若干そんな気はしていた。
だって、落ち込む直接的原因が何も見当たらず、
漠然と、なぜか、落ちていったからね。

星の与えてくれた機会。
泥沼に棲む私。

そこにハートを同一化するのは、今でも怖くて出来ないけど、
ひずみを越えたためか、その頃の自分がいるなぁ、
怖がっている自分がいるなぁ、くらいには見れるようになった。

見る事は大いなる愛。

そう、私は、あの頃の私も、
愛している。

いつも思い出さないように、
あの頃の私は「もう終わった」って暗示をかけるようにしてたけど、
私の中にいる、ドロドロの私のことを、
私をそこにいつでも引き込もうとする、まとわりつく存在を、
自分は絶対に愛されないと信じている私のことを、
怖がりながらも(笑)愛しています。


あ、

そういえば、昨日は久々の快晴だったので、
梅雨入り前にするべきだった自家製味噌の天地返しをしたんだっけ。

ドロドロ、ねちゃねちゃの未成熟の味噌を手で混ぜっかえすの。
シンクロしているなぁ(笑)

見事にカビがびっしり生えてんだけど、白カビは旨味成分だから
とらない方がいいという説があり。。。でも、どれが旨味でどれが
腹下しになるかわからないのが怖くて全部とっちゃった。

白カビもそれ以外のカビも全部混ぜこめるだけの勇気と知恵と
胆力(味噌自体の生命力)がつく日が、いつかくるのだろうか。。。
その頃には、人間的にも成熟するやろなぁ(笑)


テーマ:こころ
ジャンル:心と身体

タグ:

パートナーシップを築く

2010.09.29 22:48|コーチング・NVC
来週開催するご縁会のテーマは「パートナーシップ」。

家族、友人、ご近所、仕事仲間などなど、
いろんな人と、いろんな関係性を持っているわけだけど、
意識して「パートナーシップ」を持っている相手って、
どのくらいいるだろうかと思うと、、、

少ないよなぁ。

自信もって「創っている」と言えるのは、相方くらいだ。

ホントに、コーチングを学んだ夫婦のありがたいところで、
お互いの気持ちを話したり聴いたりは趣味みたいなもんで(笑)
お陰さまで風通しのいい関係性は出来ているようだ。

最近は、「話す時間」「聴く時間」に加えて、
「クリエイティブな対話の時間」というのを始めた。

対等で自立した2人が、感じていることを表現し合うことで、
化学反応のように何か新しいものを生み出して行く。

この「クリエイティブな対話の時間」を持とうと思ったのも、
2人の関係性にアンテナを張り続け、自分の心と向き合い続け、
その中から生まれて来たアイディア。

コーチングを通じて、自分と向き合う力、人と向き合う勇気を
持てるようになったことは、本当にありがたいことだ。

さてさて、対話の時間から、何が出てくるか。
コレからが楽しみだ。

そして、ご縁会に来られた方が、
どんなパートナーシップを築いていきたいのか、
築いていくのか。それもまた楽しみなこと。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【第4回ご縁会(コーチング体験会)のお知らせ】(転送歓迎です♪)

コーチングがどう役に立つのかピンと来ない。

受けてみたいけど、いきなり会ったこともないコーチと契約や、
契約前提のサンプルセッションを受けるのはちょっと気が引ける・・・。

こんな方も多いのではないでしょうか。

コーチングのよさや効果は、体験して初めてわかるものです。
しかし、残念なことに、コーチングを体験できる場は限られており、
その恩恵を受けられない方も多いはず。。。

そこで、ひとりでも多くの方がコーチングを体験し、
コーチングと素敵なご縁を持ち、コーチングを活かして
人生をもっと満足いくものにされていくことを願って、
5名様限定の体験会を開催することにしました。

ご縁会と名付けたこの体験会では、希望される方1名に
皆様の前でコーチングをさせていただきます。

とりあえず1度受けてみたい方には絶好のチャンス。
いきなり自分が受けるのはちょっと・・・という方は、
他の方が受けているのを見ることで、
コーチングをより深く理解できるので、おすすめです!

そして、今回のテーマは「パートナーシップ」です。

上司と部下、親と子、夫婦etc…人が集うところには必ず何らかの
パートナーシップが生まれます。

あなたはその人とどんな関係性を創りたいですか?
あなたがワクワクする、新しい関係性って、どんなものでしょうか。
一時的な対処法ではなく、あなたの人生全体を大きな視点から
捉えた時に見えてくる新しい関係性を、一緒に探しにいきましょう。


他にも、コーチングについて質問のある方や、これから学びたい方など、
質問・相談の時間も参加者のニーズに合わせてとりたいと思います。

少人数ならではのオーダーメイドな時間をお楽しみください!

☆こんな人におすすめ!☆
☆職場の人間関係(上司や同僚)を改善したい
☆親や兄妹との関係をもっとよくしたい。
☆パートナー・恋人ともっと上手にコミュニケーションを取りたい。
☆子育てをもっと充実させたい。
☆結婚したい。

==========================================
【日時】10月7日(木)19時~21時

【場所】日本橋公会堂
半蔵門線、水天宮前駅 6番出口 徒歩3分
日比谷線・都営浅草線、人形町駅 A2出口 徒歩5分
地図・施設案内はこちら

【参加費】1,000円(お茶、お菓子付)
 当日お釣のないようお持ちください。

【申し込み方法】お名前と緊急連絡先をご記入の上、前日までに
 konocoach@yahoo.co.jp からお申し込みください。

 ※なお、5名に達し次第締め切ります。

【コーチ】OFFICE SOL主宰 河野雅
 米国CTI認定プロフェッショナルコーチ(CPCC)
 CTIジャパンスーパーバイザー

 立命館大学理工学部土木工学科卒業。建設コンサルタントとして
 公共事業(主に高速道路・国道等)の設計・計画に携わる。職種
 ・業種に限らず「自分らしくあること」が人生を充実させるこ
 とに気づき、プロコーチとして独立。

 現在のパートナーの応援をきっかけに、20年以上確執のあった
 家族との関係改善に一昨年から取り組みだし、一定の結果を出し
 つつ、継続して取組中。家族への思い入れは強く、家族をテーマ
 にしたクライアントの支援を数多くしてきている。

 また、仕事と家庭を対立関係で捉えるのではなく、
 相乗効果を生む豊かな関係として捉え、実践する
 「ワーク・ライフ・シナジー」という新しいライフスタイルを
 コーチングやワークショップ、研修等を通じて提案している。

 「働く人に誇りと歓びを。家庭に笑顔を、人生に輝きを。」  

==========================================

テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

タグ:イベント 人間関係 コーチング

ココロゆるゆる

2010.06.08 14:11|染め・織り・衣
着物も下駄も慣れると楽で気持ちよいのだろうけど、
慣れるまでは変なとこに力をいれちゃうもんだから、
今はまだ着るのも動くのも疲れてしまうのが正直なところ。

色々勉強する中で、どうやら和服と洋服では
必要となる身のこなしが全然違うということが見えて来た。


例えば、靴には必ずヒールがついているのだけど、
これはまっすぐ足を伸ばして踵から地面につける歩き方がむいている。

一方草履や下駄は、鼻緒を足の指につっかけて、地面を指で掴むように歩く。
膝を曲げてちょっと前のめりになって、自然と足が運ばれるように歩く。

これをちぐはぐにすると、へっぴり腰のヒール姿になったり、
ガタガタ歩きにくい下駄でマメを量産したりするし、
ひいては怪我、病気のもととなっていく。


前回書いた私の理想的な着物の着方も、
それ相応の身のこなしがあって初めて紐1本でも
着崩れしなくなるんだそうな。

ということは、着物を快適に着るには、布の巻き付け方に加え、
体の動かし方まで学ばんといけんということ。


こんなところに筋肉があるの?と全く知らなかった部位に力を入れたり、
普段はがっちり固まっている筋肉をゆるゆるにするのは
なかなか大変!!

でも、ちょっとずつ体を使えるようになると、
長年抱えていた不調も少しずつ改善されていっている気がする。

それに体とココロは連動しているから、
ゆるめるとこゆるんで締まるとこ締まった体は、
適度な緊張と安堵のあるココロをつくってくれそうだ☆


ちなみに、筋肉の弛緩と、身のこなしと、着付けを
トータルに教えてくれるコースを発見しました~。
ふらぼ~

ゆる着付け教室


それにしても、「服を着る」「歩く、動く」という、
なんて根本的なことを私は悪戦苦闘(時に憤慨、笑)しながら
学んでいることか。

着物を着るプロセスは、なんだか、
自分の幼少期を追体験するプロセスでもあるような気がする。


ボタンがなかなかとめられなかったり、
靴紐を結べなかったり、
上手に歩けなかった頃の小さな自分の奮闘振りを想って
ちょっと愛しい気持ちになったりしてね。

妹よ、君がズボンを逆さまにはいても、
姉ちゃんはめっちゃ褒めたるけんね~!(笑)

kids
↑すっかりkidsになってきた妹ちゃん♪ inだっこ紐

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

タグ:着物 子ども

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"