FC2ブログ

Lyra Misa officel blog

中学生のころ

図書館で本を借りたら、
裏表紙に古い手書きの貸し出しカードがついていた。

中学2年生の時、図書委員っていうのやってて、
そういえば、こういうのにハンコ押していたな~

と、フと記憶の扉が開いて、
中2の私が元気に走り出してきて、
回想が止まらなくなってしまった。


お昼のチャイムが鳴ったら、
お弁当もって、図書館に走る。

一緒に委員になった親友とお弁当食べて、
ひそひそ声でくだらない話に笑いながら、
貸出カードに押す日付ハンコをくるくる回してさ。

図書館内の自習室で受験勉強に励む高校3年生は、
ものすごく大人に思えて、
自分の高3なんて、想像もつかなかった。

あの頃は1年の差が大きくて、
それだけ1年が今よりずっと長くて、
あと何回期末テストを受けないといけないか
数えてはうんざりしていた。

いつまでもいつまでも続くように思えた
学生生活。

何とも言えない歯痒さやもどかしさを抱えて、
エネルギーのやり場に困っていたのかもしれない。


あの頃の私に会いたいな、と、思った。

会って、何が楽しくて、何が辛くて、
何が好きで、何が嫌なのか、聞かせて欲しいな。


あの頃に出会った大切な友人達が、
今でも側にいてくれることがとてもありがたい。

彼女達に、私がどんなコだったか
改めて聞いてみようかな。

もっとたくさんの自分の顔に出会えるかもしれない。


該当の記事は見つかりませんでした。