スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョの奇妙な大掃除

2013.12.28 10:16|日々のこと・その他


あなたの欲しいものは、案外近くで眠っているのかもしれない。。。(ゴゴゴゴゴゴ)

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:心と体にいいことはじめよう!
ジャンル:心と身体

タグ:感動 掃除

福島を忘れない

2012.10.21 20:50|平和・国際協力
映画「内部被ばくを生き抜く」を見てきました。



鑑賞後、映画の中にもでていらっしゃる佐々木るりさんの
お話会があったのだけど、これがとてもとても良かったです。


大変な状況にちゃんと開かれていて、痛みを隠さない。
人を責めない、派手なことは言わない、
でも人を揺り動かしていく。

クリスタルのような…
何度も何度も涙で洗われてきたからだろうか、
そうした中から出てくる、クリアなエネルギーを持った、
本当に美しい人でした。


話を聞き出して気付いたのは、
私は初めて直接福島の方の声を聴いたこと。

ネットや映画や本で情報は集めて来たし、
福島や東北にボランティアで言って来た人の話は聴いてたけど、
福島に住み続け、そこで生きて頑張ってらっしゃる方には、
今までで怖くて、会って来なかったことに気づきました。

正しくいうと、ちゃんとそのことは知っていました。
でも、その恐れや、会わない事への罪悪感に蓋をして、
気付かないフリをしていました。

facebookシェアでこのお話会を知り、
佐々木さんの写真を見た時に、行こうと思えたのは、
佐々木さんのニュートラルな雰囲気が、
ちゃんと伝わって来たからなんだろうな。。。


もし、お話をされる福島の方が、
誰かをひどく責める感じだったり、
”犠牲者”になって苦しみを訴える感じだったりしたら、
私は、そのお話に、こんなに心をひらけなかったと思います。



質疑応答の時間があったのですが、
何をどう言ったらいいかわからず、黙っていました。

何を言っても、どこかうそっぽくなるような気がしたり、
ひょんな一言が相手を傷つけてしまうかもしれない恐れだったり、、

何よりも、ちゃんと彼女を見たら、
絶対に涙のダムが決壊することがわかっていたから、、、
困らせるのも悪いし、もし同情の涙と受け取られたら、
「かわいそう」のレッテルを貼ってしまう可能性があるのが嫌だった。


だから、お話会の後、そのまま帰ってしまおうかと思ったのだけど、
どうしても、佐々木さんと面と向かいたくて、
勇気を出して、挨拶に行きました。



眼と眼があった時、、、
どう思われるかとか、そんな心配は吹き飛びました。


ただただ、2人で泣きました。


突然こんな風にされたら、嫌じゃないかな、
と一瞬思ったけど、

私の身体はその心配を軽々と飛び越え、
佐々木さんに手を伸ばし、

しばらく、抱き合って
一緒に泣きました。



もしかしたら、私が一番彼女と分かち合いたかったのは
「共に在る」ということだったのかもしれません。


あなたの痛みは、私の痛みです。

私の痛みは、あなたの痛みです。

私は、そこに、開かれています。

私は、あなたと、共にいます。


そんな感覚だったのかもしれません。



「私も、私の持ち場で頑張ります」と
お伝えしました。

何か、佐々木さんと、その向こうに広がる世界と、
コアの部分で繋がれたから、
そこを忘れず、そこを握っていれば、
行動としては、何をしていてもいいんだと。

佐々木さんも同感してくださって、だからこそ、
「原発をなくしましょう」ではなくて、
「福島を忘れないでください」と、
講演会で呼びかけているのだろうと思います。


お話会の帰り道、ガイアシンフォニーの第5番の中で、
宇宙飛行士のシュワイカートさんの奥さん、ナンシーさんが
広島の折り鶴の少女、サダコを思いながら言った言葉を思い出しました。


「原爆で亡くなった人の数の多さを想うより、
 たったひとりの少女の心の軌跡を想う方が、
 全ての生命(いのち)を想うことに繋がると私は思います」


佐々木さんは、私にって、まさに、
このたったひとりの少女だったようです。
(奇しくもサダコさんと同じ名字ですね)


福島や、原発の事が、大きすぎて考えるのが難しいというかたは、
誰か1人、大切な人と繋がれたらいいですね。



佐々木ご夫妻の立ち上げたNPO TEAM二本松「市民放射能測定室」では
『自分で考えて!自分で勉強して!自分で測って!自分で自分を守る!』ために、
飲食物の放射能測定、幼児の定期的一時疎開の促進、除染活動をされています。

放射能数値の見える化が、考える力、生きる力、
自己信頼を取り戻します。
応援しています。



悲惨さではなく、そこに生きる人たちの強さが胸をうちます。
人間の強さ、愛情深さを教えてくれて、ありがとう。


タグ:放射能 映画 おすすめ 感動

あまてらすへの道  7

2012.06.12 20:07|オーラソーマ
26人連続セッション。

いや~~~~、、、おもしろかったな~~。

クライアントさんは自分の鏡というけれど、
ホント面白いように、同じようなボトルが選ばれる。

B22やB97、多かったな~~~(苦笑)

そして、オーラソーマを知らない人でも、
ちゃんと色の言語を話すのには本当に驚いた。
(噂には聴いていたけど、体験するとインパクトあるね!)

日本人の繊細な心配りや道文化を表すマジェンダを見ながら
「私、茶道が好きなんです」とか言うんだもん。

「お茶という見える物を通じて、
 そこに宿る神聖さがお好きなんですね」
とかって、マジェンダ的なキーワードを伝えると、
その人の顔がぱっと輝くの。

ボトルの沢山在るキーワードと、
クライアントさんが話していることに関連あることを、
パズルのように組み合わせて、ボトルのメッセージを伝えて行く。

面白い程に、ちゃんとボトルのことを本人が話してくれるから、
びっくりするくらい楽なことが多かった。

普段何かを覚えようとしても、中々覚えられないのだけど、
この時はフロー状態になっていたのか、
みるみるボトルのことが記憶されて行く。

脳みそに書き込まれるというより、私のエネルギー体に、
向き合ったボトルの情報が自動転写されて行くような感じ。

そのうち、人が話している内容に、色がついて見え始めるくらい。
目に映るもの、聴こえる言葉、全部が色づき、色の話をしてくる。


完全に覚醒状態だった。


セッションにはいいけど、この時かなりトリップしてたね。
1日セッション終わってホテルに戻ったときは、
あれ?前にここ来たの10年くらい前だっけ??
って本気で思ったw

一瞬立ったまま気を失いかけて、
ここはどこ、私は誰?って本気でなったよ(^^;

ぶっとびすぎてかなり疲れもしたけど、
めちゃんこ面白かった。


たくさんのクライアントさんが
「なんだ、私、このままでいんですね」
と、笑って、すっきりして帰って行く。

はい、いいんです(笑)

ただ、自分の色を知って、
ただ、自分を生きて行く。

変わりたい人は変わればいいし、
変わりたくない人は変わらなきゃいいし、
変えるものなんて何も無いと思う人は思えばいいし。

ただ、自分の姿を、ボトルという鏡に映して
見て、感じて、好きに生きたらいい。


その空間を提供出来るのが、本当に嬉しかった。




そしてね、もう一つ、とびきり嬉しかった事。。。


まぁちゃんのラジオのゲストとして、
1時間もおしゃべりしたこと!!!!


まぁちゃんは本当に素敵なコーチ&パーソナリティーで、
素敵な質問でゲストのよいところを引き出して、
ゲストにもリスナーにもハッピー&元気を届けてくれる。

宮崎サンシャインFM金曜日13時からの「まぁちゃんのEnjoy!My Life!!」。
オンタイムならネットからも聴ける、超おすすめ番組だよ。
(しかし、、コウノミサのOH!はっぴ~でいず☆と名前かぶりすぎ~w
 どんだけ感性似てるんだw)




録音の直前まですごく緊張したけど、
始まってしまえば超楽しい。

自分の大切な人生のストーリーや、
何を大事にして今生きているかを話し、
そして大大大好きなまっきーの曲と(笑)
私にとって人生を表す曲「糸」をかけてもらう。



(なんつう名曲なんだ~~~。く~~~。泣ける!)


本当にあっという間の1時間で、
まぁちゃんと2人、超楽しんだ☆☆

数日後、そのオンエアを、
コースを一緒に受けた友達の車の中で聴いた。


私の声、あのデカイ声だったよw

これまでポッドキャストやテレビにちょこっと出た事はあったけど
(あ、そういえば何故か宮崎ではテレビデビューもしましたw)
いつもよそいきの声だったからね。

自分の声を聴いて、綺麗って思えるの、
本当に幸せな事だよね。


そしてね、聴きながら、神様からのメッセージを感じたの。


このドデカイ声で、自分を自由に表現するときが来たって。

今まで、私は、自分の中のエネルギーがでかすぎて、
そのエネルギーを自分自身理解できなかったし、
うまく表現する事ができなかった。

でも、今、表現する言葉と、表現出来る心と、
体現出来る体と、社会的環境の準備が、整ったよって。
エネルギーを大きいまま通す、外側が整いましたよって。

そう聴こえた気がした。


自分のハートを見つめ続けて来た学生時代。

なんとか社会に表現しようともがき続けて来た社会人時代。

力抜いてありのままでいる事を体に染み渡らせた主婦時代。


本当にいつも、

真剣に、真っすぐに、

苦しんだり、

笑ったり、

頑張ったり、

ゆったりしたり。



未熟さが悔しくて泣いた日も、


歓びが溢れて歌になった日も、


この歩んで来た日々の、


全てのおかげで、


今、外に向かって大きな花が開いている。




本当に、通って来た道、

全て、

全てが私の血肉になって、

この日を迎えさせてくれた。



人生の集大成が、そこにあったように感じて、
もう感動して感動して、、、


ラジオから流れる自分のトークに、
「なんていい事言うんだ~~~~~!!」
つって大泣き!!!(爆笑)


嬉しくて嬉しくて、
車の窓を開けて
「嬉しいーーーよーーーーーーーー!!」
と雄叫びをあげる(笑)

それでも止まらない歓びに
「ラジオ聴いてね~~~~~!!!!」
ともう一発www(迷惑~!笑)


そうなんだ。
私の中には、こんなにも表現したい事でいっぱい!!
こんなにも世界に放ちたい愛でいっぱいなんだ!!

自分から表現して行きたいことは特にないって思っていたけど、
自然の流れでそうなったら話すとかもいいかもね~、くらいに思っていたけど
なにすっとぼけてんだ自分!みたいなね。


一緒に聴いていた友達も、
「みさちゃん!みさちゃん!!
 私も自分を表現するよ!!!」
って言ってくれた。

ここでもやっぱり、光が光を呼びさます瞬間を見た。



時は来た。


さぁ、まずは世界一のティーチャー、目指しますか!(笑)


only one = No.1 じゃけんね!!!(^▽^)


タグ:オーラソーマ 感謝 神様 感動

結婚のススメ

2011.05.30 16:58|


先週末は大学からの友人の結婚式
元々美人な彼女の花嫁姿は、美しすぎですかりゃ~~

チャペルに入場してすぐに目と鼻をまっ赤にして涙をこぼす花嫁。
(鼻でてるよ!)
その横で、彼女の手を腕に、何とも言えぬ微笑みをたたえたお父様は、
ずっと「右。左。右。左。」と出す足を彼女につぶやいていました。
(時々2度踏みしてるし!)
彼女にそっくりの美しいお母様は、使い捨てカメラをご使用でした。
(今も売ってるんですかそれ!?)

才色兼備に、天然と破天荒さが加わるという彼女の最強キャラクターは、
まぎれもなくこの家族によって育まれた事を、改めて思い知りました(笑)
この愛らしいご両親に、のびのび育てられたんだろうな~。

子どもの結婚式って、親にとっては言葉に尽くせないものなんでしょうね。
親御さん達の表情を見る度、それまでの家族のドラマを思い、
本当に泣けてきます。

彼女も新郎も、とても愛情深く、周りをとても大事にする2人なので、
周囲からもとても愛されているのがよく伝わってくる、
幸せと愛情がいっぱいつまった披露宴で、私も胸がいっぱい
大学時代から敬愛してやまない彼女がこれからどんな家庭を創っていくのか
とても楽しみです。

どうぞこれからも増々幸せいっぱいでありますように♪♪


やっぱり結婚はいいやね~~~。
カップルの幸せは世界の幸せ。
家庭の平和が世界の平和。

そんなカップルと家庭を少しずつでも増やしていくのに
相方主催の婚活ワークショップで貢献できたらいいなぁ~。

え、つーか、開催今週じゃん。早。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

レンコン(恋愛・結婚)コミュニケーション講座  【入門編】
~異性とともにコミュニケーションの3つの原則を学ぶワークショップ~


良い出会い・良い恋愛をするために、
婚活で結果を出すために、
結婚生活を充実させるために、
そして熟年離婚を回避するために
「コミュニケーション力」は不可欠です。

特に、脳の構造まで異なる男女間ではその違いを意識した
コミュニケーションが必要です。
本ワークショップでは、恋愛や婚活にはもちろん、
どんな相手に対しても通じるコミュニケーションの3つの原則について
体験を通じて学ぶことで、良質なコミュニケーションがとれる力を育みます。
加えて、男女の心理の違いについても学びます。


<参加者の声>
「婚活は合コンより絶対ワークショップで!」と思いました。(30代女性)

内容が素晴らしく、かつ実践的でした。迷った方は参加するべきだと思います。(30代男性)

いままでどうして泥沼にはまっていたのかがわかってよかった。(20代女性)

参加された全員素晴らしい方々でした。このような機会で得られたつながりを大事にしていきたいと思います。(30代男性)


<開催概要>
【日時】2011年6月4日(土)   
    13:30~17:30 (13:00受付開始)
 
【会場】ソフィー・ジ・アカデミー 恵比寿キャンパス
     JR恵比寿駅より徒歩5分
     詳しい地図はコチラ

【参加費】4,000円/名 (当日会場でお支払下さい)

【定員】 男性6名 女性6名

【お申込先】renconcom@gmail.com (担当:伊東・河野)  
      ※申込メールの記載項目
      ①名前 ②連絡先(携帯電話) ③メールアドレス
      ④紹介者(もしいれば) ⑤その他質問などあれば

 その他詳細はコチラから!

テーマ:結婚準備
ジャンル:結婚・家庭生活

タグ:感動 平和 家族 結婚 おすすめ コーチング

秘め事

2011.01.06 10:17|子育て・育自・教育



「玄牝」観てきました。

昔ながらの自然なお産を50年以上見続けてきた
吉村正先生と、そこに集う妊婦さん、助産師さん達を
おったドキュメンタリー映画なんだけど、、、

よかったよ~~~~~。


この映画のいいところは、自然分娩のよさも描きながら、
吉村先生と周りの人とのギャップからくる痛みや悲しみとか、
出産シーンにしても、エログロだったり生々しさだったり、
人間世界の光も影もいっしょくたに映しているということ。

正も悪も混在する、まさに「女」の映画だな~って思った。

これまでも出産シーンのある映画や番組は見て来たけど、
男性が撮ったのって、スタートからゴールに向けて、
盛り上がって行く印象がある。
生まれるときがピークで、ファンファーレ!みたいな。
それはそれで感動的だし、わかりやすく好き。

でも、この映画では、出産シーンはすごい静か。

暗い和室で、そっと産む。
助産師さんたちも、ひそひそ声で、お母さんに話しかける。
お母さんも、赤ちゃんも、わめき声とかなくて、
すごい静かに産んで、生まれてくる。

激しいシーンが意図的に切り抜かれているのか、
吉村医院での出産が全般的に静かなのか
(それが本来の出産なのか)わからないけど、
まさに「秘め事」という感じだった。

そして、生む前と、生まれた後との差がほとんどない。
勿論、待ち望んでいた我が子との対面の歓びに、
家族で涙したりはするのだけど、
映画の撮り方として、そこで終了!とかじゃないの。

あくまでも、ひとつの静かな出来事で、人生は続いて行くっていうか、、
終わりがない命の流れというか、、、

女性監督ならではの描き方だなぁと。


あ、ちなみに、出産シーンは静かではあるものの、
すごいエロイです。グロイし。いっちゃってるし。
でも、神聖でもあります。

静、性、聖、、、 どれも「セイ」なんだよね。


この映画、結局は「人間」を描いているので、
妊婦さんや女性だけでなく、男性にも楽しめると思います。

ここまで皆さんの自然の顔(よくも悪くも)を描けている、
それだけ自然に人の心と営みの中に入って行ける
監督の河直美さんはすごいな~。

渋谷で明日までなのですが、行ける人は、是非。




テーマ:マタニティライフ
ジャンル:結婚・家庭生活

タグ:感動 映画 おすすめ 自然 赤ちゃん

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"