スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の旅~3

2010.11.30 21:22|心・魂・意識

淡路島は、日本神話でイザナギ・イザナミが最初に創って
降り立ったと言われる「オノゴロ島」だという説がある島。

意識のどこかで気になっていた場所だけど、
実はすごくすごく来たかったんだということに
今回行って初めて気づいた。

なぜ来たかったのか、それは、後に徳島で相方と
時間を過ごす中で理解が深まって行くのだけど、、、
とにかく島に入った時、心がすごく安堵するのを覚えて、
とても不思議な気持ちだった。

結局サービスエリアで立ち止まっただけで、
高速を降りる事はなかったのだけど、
国産みの神様に抱かれた感覚を持って、
徳島の日和佐町へと車を走らせた。


日和佐町は2006年に美波町と名前を変えて、
去年の連続テレビ小説の舞台となった場所。

そんなプチ観光スポットで賑わう駅前を通り過ぎ、
元々お墓があった場所に向けて海沿いの道を走っていると、
みるみる空が変わり、海に神々しいまでの光が射して来た。






あまりにも綺麗で、車を路肩に寄せて降りる。

波の音と、雲間からの光が、ハートの奥に押し寄せる。

なんだかしらないけど、涙が出て来てとまらなかった。
沢山のご先祖様や精霊たちが、光の中にいるのを確かに感じた。

頭で考えるのをやめたら、すぐに、
光が私のハートの中の、丸い光る魂と重なっていた。

私が光そのものになった。

光同士、抱きしめあった。




その時交わされた内容は、今でもよくわからない。
言葉にはならない、多くの情報を交換した気がするのだけれど。。。

少なくとも、私は、相方のご先祖様に、
まるまる愛していただいたということはわかった。

よそから来た、別家系の私なのに、
彼らには我が子孫となんの区別もないようだった。

車を止めた場所は、ちょうどお墓に行く通り道の入り口だった。
小さな集落のはしっこの、今はただの草むらとなった場所に着いた。

東京で買ったおまんじゅうと、美波町の地酒とおつまみを
お墓のあった場所に置き、線香でその場を清めた。

2人で手を合わせる。
彼の涙は止まらなかった。



昔よく泊まっていたという旅館の部屋に着いたころには、
私たちは放心状態だった。

何があったのか、
何が起きているのか、
よくわからない。。。

だけど、部屋の中が、なんだかにぎやかな雰囲気で、
まるでご先祖様が宴でも催しているかのような、
不思議な幸福感があった。
同時に、何とも言えない、涙にしかならない気持ちがあった。

嬉しいのやら、悲しいのやら、
笑いたいのやら、泣きたいのやら。

よくわからないけど、ひとつだけ言葉になった。

「ご先祖様と結び直した」

今まで、自分で勝手に、彼らとのつながりを断ち切っていたのだ。
彼らを大事に出来ていないことを、無意識に責めながら。

先祖供養に来たんじゃない事もわかった。
彼らの問題じゃなく、私たちの魂が求めていたのだ。

脈々と受け継がれている命のバトンを、
自分が引き継いでいるという事実を。

そのバトンを、持って生きた人たちが、
何人も何人もいたという現実を。

だから、私が、今、生きているんだということを。

ご先祖様と、もう一度、結び直した気がした。
あるべき系譜の中に、自分を据え直した気がした。

あの日から、体に、暖かいものが息づいている。
スポンサーサイト

テーマ:家族・身内
ジャンル:心と身体

タグ:感謝 ご先祖様 神様 感動 祈り

魂の旅~2

2010.11.28 19:21|場所・国・旅
徳島へ向かう高速道路は、さすが土曜日だけあって混んでいた。
おかげで、ずっと長い時間、空を見ている事ができた。

ゆっくりと、次第に暮れていく、いちにち。
思わず手を合わせたくなるような夕陽が沈み終わると、
世界の空気がふっと変わるのがわかった。


月の支配する世界。

シンと静かな、透き通った、
どこか冷たさを持ちつつも、優しい光と闇の世界。

満月まであと1日の、美しい球体は、
優しく私たちの車についてきた。


途中車内で数時間の仮眠を取った後、
まだ暗いうちから出発。
ちょうど兵庫県の月見山にさしかかった時に、
山の方に月が沈んでいった。

夜の世界を守ってくれてありがとう、と、
月の行った先をみていたら、 
ふと、背中の方から、別のエネルギーが迫ってくるのを感じた。


朝の気配。

まだ出ぬ太陽が、音をたてて、朝を連れてくるのがわかる。

月の神様から、陽の神様に、まるでバトンが渡されるように、
その世界の転換を、肌で感じた。

なんてドラマチックな行為が、
毎日毎日繰り返されているのだろう。

こんなに長く、ただ空を見ていることが少ないからだろうか。
今まで、こんなにリアルに感じる事はなかった。


あけもどろの明石海峡大橋を渡り、
淡路島のサービスエリアに着いた時、
赤い太陽がみるみる昇り、地上を照らした。

毎日毎日、この愛が昇り、私たちを照らしてくれている。
感謝の気持ちにいっぱいになりながら、手を合わせてお礼を言った。

写真にうつった太陽は、まるでこれから向かう日和佐町を指し示すみたいに、
亀みたいな形をしていた。(日和佐はウミガメの産卵で有名)


テーマ:生きること
ジャンル:心と身体

タグ: 感謝 ご先祖様 神様 太陽

魂の旅~1

2010.11.27 11:15|場所・国・旅
先日、思い立って、車で徳島・伊勢の旅に行って来た。

旅を決めるまでの数日間、
相方のご先祖様がなにかと話に出て来て、
とても近くにいらっしゃる気が続いていた。

ご先祖様の存在を感じるうちに、
彼のおなかのあたりから「徳島に行きたい」という声が、
止めどなく響いてきた。

彼がスケジュール帳をあけると、丁度ETC割引の期間内、
すっぽりと予定が入ってなかった。
いつも車を借りる友人は、土日は使うのが常だったが、
その時ばかりはなぜか車を使う予定がなかった。


そのあまりにもデキスギな状況に鳥肌がたち、
「行けってことだ」と内なる声が確信した。


頭の中では、
「ハードスケジュールすぎるし、行ってどうするん?
 お墓ももうないし。(今は彼の地元、京都にある)意味あるん?」
と、自分をなだめる声がする。

でも、もう、おなかからの声があふれて、
周りの環境にも応援されて、
私たちは、ご先祖様の暮らしていた徳島と、
いつも見守ってくれるアマテラス様に会いに旅に出た。

行きの高速道路は、まるで天国に通じる道のようだった。


テーマ:生きること
ジャンル:心と身体

タグ:神様 ご先祖様 家族 祈り 感謝

夢を語って元気になろう♪♪

2010.11.13 11:08|コーチング・NVC
第5回ご縁会の日程が決まりました☆

前回は1回デモセッションをした後は、
どうしてコーチングを受けたい(学びたい)のか、
どんな夢や目標を持っているのかを、参加者と話す
フリートークの時間を設けました。

これがおもしろいんだわ~。

コーチングで前向きに、人生を主体的に、
積極的に生きる人たちが集まって話すと、
こんなにパワフルな場になるんだね~。

主催者側が逆に元気をもらったくらい。
今までは「コーチング」とのご縁を持っていただくことしか
頭になかったけど、これからは、参加者同士のご縁や、
ご縁会コミュニティーとのご縁という視点からも、
積極的に楽しめる場にしたいと思っています。

コーチングを通じて夢を語って元気になりたい人、集まれ~♪


================================
【第5回ご縁会のお知らせ】
コーチングのセッションがどう役に立つのかピンと来ない。

受けてみたいけど、いきなり会ったこともないコーチと契約や
契約前提のサンプルセッションを受けるのはちょっと気が引ける・・・。

こんな方も多いのではないでしょうか。

そこで、ひとりでも多くの方がコーチングを体験し、
コーチングと素敵なご縁を持つことが出来ることを願って、
5名様限定の体験会を開催することにしました。

ご縁会と名付けたこの体験会では、希望される方1名に
皆様の前でコーチングをうけていただきます。

とりあえず1度受けてみたい方には絶好のチャンス。
いきなり自分が受けるのはちょっと・・・という方は、他の方が
受けているのを見ることで、疑似的に体験できるので、おすすめですよ。

そして、セッションの後は、参加者のみなさんで対話の時間を持ちます。
自分がコーチングにどう興味を持ったか、どんな夢を持っているのか、
コーチングについて質問や、これから学びたい方の相談など、
様々な話を自由にする時間を取ります。

ご縁会コミュニティを通じて、コーチングとも、仲間とも
素敵なご縁を紡ぐことが出来るし、何より元気になりますよ☆

少人数ならではのオーダーメイドな時間をお楽しみください!


【日時】11月25日(木)19時~21時

【場所】日本橋公会堂 第2洋室
半蔵門線、水天宮前駅 6番出口 徒歩3分
日比谷線・都営浅草線、人形町駅 A2出口 徒歩5分
地図・施設案内はこちら


【参加費】1000円(お茶、お菓子付)
当日お釣のないようお持ちください。

【申し込み方法】お名前と緊急連絡先をご記入の上、前日までに
konocoach"アット"yahoo.co.jp("アット"を@に変換してください)
からお申し込みください。
なお、5名に達し次第締め切ります。

※残席少なくなっています。お早めにお申し込みください。


【コーチ】OFFICE SOL主宰 河野雅
米国CTI認定プロフェッショナルコーチ(CPCC)
CTIジャパン上級コーススーパーバイザー

詳しいプロフィールはこちら

テーマ:夢へ向かって
ジャンル:就職・お仕事

タグ:コーチング おすすめ イベント

「わかってほしい」の奥にあるもの

2010.11.12 08:28|平和・国際協力

私は昔から誤解されることがすごく苦手だったり、
人と意見が異なることを嫌う傾向がある。

「わかって欲しい」という思いが、極端に強いみたいだ。

本当は、誰に反対されようが何言われようが、
自分自身を貫ける強い女になりたいのだけど、
特に大事な人には、自分の思いを知って欲しいし
共感して欲しくなってしまう。

そんな自分が湿っぽくって嫌だな~と感じていたけど、
相方にコーチングをしてもらう中で見えてきたのは、
「わかってもらえない」=「生命線を断たれる」ほどの恐怖。

これって、自分が思っているより、ずっとずっと根深そうだ。


その恐怖を紐解いて行くと、子どもの頃の記憶にたどり着く。

うちはアメリカ人の母と日本人の父がうまくいかなった。
2人ともとてもいい人で、愛情深く、お互いの価値観のうえで、
精一杯家族を大事にしている人たちだった。

それが子どもには逆に難しかった。
どっちかが「悪者」であれば、もっとずっと楽だった。
悪者がいるから争いが起きる、という方程式は、子どもでも理解できた。

だけど、愛情深い2人が家族を大事にしようとした結果が、
たくさんの悲しみになることを理解できるほど大人じゃなかった。

私はきっと、思い出せないくらい小さい頃から、
お父さんにはお母さんの、お母さんにはお父さんの、
本当の思いや、コミュニケーションの癖や、
愛情の大きさをわかってもらおうと、必死に仲介役をしていたんだ。

子どもにとって両親は宇宙ほど大きな存在感で、
その2人の仲違いは、地球が割れるほど痛烈なものだった気がする。

「わかってもらえない」=地球が割れて死んじゃうくらいに
なるのも仕方ないよね、そりゃ。


恐怖の原点を理解したら、ほんの少し、胸が軽くなった。

今、母も父も、別々に幸せな人生を送っている。
私も、とても理解あるパートナーに恵まれている。
いつまでも両足の真ん中で裂けた地球の上でおびえている必要はない。

「もう、怖い事はないよ」と、小さい頃の私に優しく声をかけた。

そして、その時に身につけた、平穏な暮らしの為に
人の意見や自分の意見を調整するクセとは、もうさよならしようと決めた。


願いは、子どもの時と変わらない。
みんなが、愛し合い、幸せな家族になること。(地球規模でね!)

その願いを、人や自分をコントロールした先には、もう見たりしない。

さぁ、新しい生き方への挑戦だ!


テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

タグ:コーチング 文化 平和

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2010.11 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"