スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘め事

2011.01.06 10:17|子育て・育自・教育



「玄牝」観てきました。

昔ながらの自然なお産を50年以上見続けてきた
吉村正先生と、そこに集う妊婦さん、助産師さん達を
おったドキュメンタリー映画なんだけど、、、

よかったよ~~~~~。


この映画のいいところは、自然分娩のよさも描きながら、
吉村先生と周りの人とのギャップからくる痛みや悲しみとか、
出産シーンにしても、エログロだったり生々しさだったり、
人間世界の光も影もいっしょくたに映しているということ。

正も悪も混在する、まさに「女」の映画だな~って思った。

これまでも出産シーンのある映画や番組は見て来たけど、
男性が撮ったのって、スタートからゴールに向けて、
盛り上がって行く印象がある。
生まれるときがピークで、ファンファーレ!みたいな。
それはそれで感動的だし、わかりやすく好き。

でも、この映画では、出産シーンはすごい静か。

暗い和室で、そっと産む。
助産師さんたちも、ひそひそ声で、お母さんに話しかける。
お母さんも、赤ちゃんも、わめき声とかなくて、
すごい静かに産んで、生まれてくる。

激しいシーンが意図的に切り抜かれているのか、
吉村医院での出産が全般的に静かなのか
(それが本来の出産なのか)わからないけど、
まさに「秘め事」という感じだった。

そして、生む前と、生まれた後との差がほとんどない。
勿論、待ち望んでいた我が子との対面の歓びに、
家族で涙したりはするのだけど、
映画の撮り方として、そこで終了!とかじゃないの。

あくまでも、ひとつの静かな出来事で、人生は続いて行くっていうか、、
終わりがない命の流れというか、、、

女性監督ならではの描き方だなぁと。


あ、ちなみに、出産シーンは静かではあるものの、
すごいエロイです。グロイし。いっちゃってるし。
でも、神聖でもあります。

静、性、聖、、、 どれも「セイ」なんだよね。


この映画、結局は「人間」を描いているので、
妊婦さんや女性だけでなく、男性にも楽しめると思います。

ここまで皆さんの自然の顔(よくも悪くも)を描けている、
それだけ自然に人の心と営みの中に入って行ける
監督の河直美さんはすごいな~。

渋谷で明日までなのですが、行ける人は、是非。




関連記事

テーマ:マタニティライフ
ジャンル:結婚・家庭生活

タグ:感動 映画 おすすめ 自然 赤ちゃん

Comment

非公開コメント

profile

facebookページ



愛と叡智満載のメルマガ

子宮と地球を解き放つ、111の愛の叡智
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

オーラソーマお申し込みやお問い合わせはこちら

役立ち情報満載♪旦那さんのブログ

バナー02

歓びに満ちる合宿

最新記事

カテゴリ

タグ&検索


| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク

Facebookページ
いいね!で最新情報をゲット☆

GLOW SPACE
コーチである旦那さんのサイト

コア・ハーモニー
大好きなコーチ、宏枝さんのサイト

CTIジャパン
おすすめコーチ養成機関


クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

今日のボトル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"